Hatena::Grouptnct

情報工学科

情報工学科

 今日の社会は,高度に発達したコンピュータシステムとコンピュータネットワークの技術に支えられています. 人間性豊かな社会をつくるためには今後ますますより高度な情報処理技術や情報通信技術が必要となります. そしてこのような技術を開発するためには社会の要請に柔軟に対応できる創造的な技術者が必要です.

 情報工学科は社会の変化に即応できる高度情報処理技術者を育成することを目的にしています. 情報処理技術者は, コンピュータやその周辺の技術のみならず, 人間としての豊かな教養を身につけなければなりません. そして, コンピュータで「できること」について深く洞察すると共に, 「してはならないこと」についての見識をもつ必要があります. 情報工学科では, 単にコンピュータのためのプログラム技術を教えているのではありません. 情報処理技術者として必要な基礎教科を重視し, 創造性豊かな人材を育成する教育を行っています.

 以下に教育内容の概略を示します。

情報基礎(コンピュータの理論を理解するのに必要な数学電気の基礎知識)

コンピュータソフトウェア(プログラミングコンピュータの有効利用)

コンピュータハードウェア(コンピュータの動作原理や構成)

エレクトロニクス(電子工学や電子回路等)

コンピュータ応用(通信,人工知能,画像処理等)

工学実験卒業研究(情報処理技術の実習と創造的研究)

(公式サイトより)

http://www.tctice.toyota-ct.ac.jp/